■夫が抱いてくれません。。草食な夫の誘い方

 

・ 子供がほしいけど夫が抱いてくれない
・ 女性から誘うのはあり?無し?

 

 

夫が夜の生活に淡白なことに悩んでいます。
最近ではほとんど誘ってもらえず、セックスレスのような状態が続いています。

 

 

現在子供が1人いるのですが、もう一人くらいは欲しいと考えています。
そこでそろそろ子作りを開始したいのですが・・・

 

 

仕事で疲れているのも分かるのですが、子供がいるので夜の生活が出来るタイミングは
かなり限られてしまいます。

 

 

そこで子作りをしたいときには私から誘う、というのはありなのでしょうか?

 

 

男性は女性からお誘いを受けることに対して抵抗などあるのでしょうか。
それに私から誘っても夜の生活がきちんと出来るのでしょうか。

 

 

色々聞いてみると女性から夜の生活にお誘いをかけることもあるそうです。
そこで淡白な夫の誘い方を調べてみました。

 

 

まずは口コミなどで草食系男子と付き合っている、結婚したという女性の意見や
誘い方を調べてみたいと思います。

 

 

■性欲があまりない男性とのつきあいかたとは?

 

・ 淡白な男性の場合は女性から誘っている?
・ どんな誘い方をして夜の生活をしている?

 

 

クチコミサイトを見てみると多くの女性が淡白なパートナーに対して悩みを
抱えているようです。

 

 

結婚してから月1回位しかない、付き合って半年だけど1回しかしたことがない。
そんな女性たちの悩みを見ることが出来ました。

 

 

色々と調べてみると最初は求められたけど最近ではほとんど誘ってくれない
という意見の方も多く見られました。

 

 

うちの場合も淡白な方ですが、付き合った最初の方は求めてきました。
それがだんだん少なくなっていって・・・という感じです。

 

 

そこで段々と淡白になっていく男性を上手に誘う方法を調べてみました。

 

 

男性にも色々な人がいて、すべての草食男子に同じような方法が使える
というわけではありません。

 

 

でも草食系男子の場合は確かに女性のほうが誘うことも必要のようです。
そこで上手にパートナーをその気にさせる誘い方を調べてみます。

 

 

口コミサイトを調べてみると女性の方から誘っているという意見も多く、男性も
女性から夜の生活に誘われることにそれほど違和感はないと言う意見もあります。

 

 

ただし女性の方から誘う場合にも男性が嫌がる誘い方がありました。
時と場合によっては男性は引いてしまうこともあるそうです。

 

 

まずは失敗した方の方法を確認してみます。

 

 

■淡白な男性にこれをしてはダメ!

 

・ 理論で追い込んで説得しようとする
・ 涙を見せて訴える

 

 

夫婦の場合はセックスレスにならないように話し合いをすることも必要です。
でもその話し合いの中で説得をすると失敗しやすいそうです。

 

 

子供を作るために必要、愛情表現として実感したいなど女性が求めることを
理論的に説明をして説得しようとすると男性は引いてしまいます。

 

 

更に子作りが義務になってしまうと夜の生活自体が子作りのためのプロセスとして
行われてしまう可能性が高くなります。

 

 

うちのように淡白な夫が更に機械的に夜の生活を行うのを想像すると・・・
これでは悲しくなってしまいます。

 

 

それと感情を高ぶらせすぎて泣きながら訴える、というのも逆効果です。

 

 

パートナーを泣かせた、という罪悪感から夜の生活をしてもそれでは男性の方が
義務的な気分を拭うことができなくなります。

 

 

話し合いの後、数回は夜の生活を誘ってくれるようになってもすぐに元通り。
そんな口コミを見ることが出来ました。

 

 

確かに話し合いは必要になると思いますが、その方法はとても重要になります。

 

 

お互いに納得をした形で夜の生活をしていきたいものですよね。

 

 

■子作りのため、は効果的な方法?

 

・ 理屈ではなく自然に伝える
・ パートナーにも子供がほしいと思わせる

 

 

失敗例の中に子作りのために夜の生活をするように説得する、というのがあります。
実際に失敗をしていますが、子作りのためという方法は間違っていません。

 

 

それを理論的に使って説得をしようとしたことが間違いなのです。

 

 

実際に子供がいる家庭の場合はこどもの可愛さは十分に分かっているはずです。
それをもう一度思い出してもらうことで夫に「子供がほしい」と思わせます。

 

 

それができれば「もう一人くらい子供欲しいよね?」という誘い方が出来るかも。
こんな風に子作りという方法は使い方によってかなり効果的になります。

 

 

淡白な男性の場合はどうしても夜の生活に気持ちが向かないことが多いので
女性から誘っても中々ノリ気にはならないそうです。

 

 

その気持をコントロールするためにも子作りは使えると思います。

 

 

ただし使い方を間違えると大きく失敗をしてしまいます。
失敗しない方法を色々と調べてみましょう。

 

■子作りのプレッシャーを夫に与えすぎると逆効果!

 

・ 子供がほしい、という気分を全面に出し過ぎない
・ 言われ続けるのもプレッシャー

 

 

確かに子作りのため、という方法は使えるのですがその伝え方が重要です。
あまりプレッシャーをかけると男性はやはり引いてしまうのです。

 

 

せっかく子作りに対して前向きになってくれた夫に対して
「いつ誘ってくれるの?」などの言葉をかけてはいけません。

 

 

「今日は排卵日だから」「子供が寝るのは何時だから」なども男性にとっては
プレッシャーになる言葉だそうです。

 

 

確かに子作りのためには女性側のタイミングはとても重要です。
しかも子供がすでにいる場合は夜の生活が出来るタイミングも少ないはず。

 

 

でも男性にとってもタイミングやその時の心境はとても重要なのです。
それを無視してしまうとやはり義務感が強くなって夜の生活の回数は戻りません。

 

 

しかも何度も言われ続けることも男性にとってはプレッシャーに感じます。

 

 

男性の場合はあまりプレッシャーが強いとそれが緊張となります。
最悪の場合には勃起不全になってしまうことも・・・

 

 

元々淡白な男性の場合はこの傾向も強いようです。
あまりプレッシャーを与え続けるのは止めるようにしましょう。

 

 

■そもそも草食な夫は性欲がないの?

 

・ 人によっては全くない場合もあるがそれはかなり稀なケース
・ 性欲が少ない人がいるのでコントロールは必要

 

 

そもそもうちの夫のように草食系の男性には性欲がないのでしょうか?
これに関しても色々と調べてみました。

 

 

実際に性欲のない、という男性はかなり少ないようで全くない男性はかなり稀なケース
という発表がありました。

 

 

うちの夫を考えてみると子供がひとりいる時点で性欲がないわけではなさそうです。

 

 

ただし性欲の少ない、という方はかなり多くいます。
特に年齢を重ねると性欲はかなり少なくなっていきます。

 

 

科学的にも男性ホルモンの一つが男性性欲に大きく関わっていることが研究から
わかっていて、そのホルモンが少ない人ほど夜の生活は少なくなります。

 

 

一方でその男性ホルモンが多い方は60歳を過ぎても現役で夜の生活を充実させる
という研究結果も発表されていました。

 

 

確かに人によって性欲の強い弱いはあるようですね。

 

 

ただし全くない、ということはかなり稀で、ある意味病気の一つのようです。
そこで少ない性欲でもそれを引き出すことができれば子作りは十分に可能になります。

 

 

■夜の生活はないけど自分で処理をしている人がいる?

 

・ 人によっては夜の生活が面倒という場合も
・ 愛情表現があるなら上手にコントロールできるかも

 

 

性欲が少ないと思われるパートナーでも自分で処理をしていることもあります。
口コミサイトではそんな相談も見ることが出来ました。

 

 

夜の生活はほとんど無いのに旦那さんのパソコンにはアダルド動画がいっぱいある
それを悩んでいる奥さんの投稿がありました。

 

 

この場合も色々と考えることができますが、性欲自体は多くはないのですがそれを
解消するための夜の生活が面倒に思っている可能性があります。

 

 

実際に自分で処理をしてしまえば手軽に数分で終わるのですが、夜の生活になると
相手のことを考えなくてはいけません。

 

 

それなら自分だけで処理をしたほうが良い、という男性も最近では多いそうです。

 

 

でも奥さんに対する愛情がなくなっているわけではなく、愛情表現はしっかりとしている
その場合にはまだ可能性は残っています。

 

 

その愛情表現を上手にコントロールすれば性欲の開放する方向を奥さんにむけることも
出来る様になるはずです!

 

 

■どんな男性にも性欲はあるはずなので諦めない

 

・ どんな男性にも多少の性欲はある
・ プレッシャーを掛けずにコントロールする

 

 

色々な口コミを見ているとどんな男性でも多少の性欲はあるみたいです。
それを上手にコントロールできれば夜の生活を再開させることも・・・

 

 

ただし性欲の少ない男性も確かにいるようです。
その場合はタイミングを図るのがとても難しく誘うのも大変なようですね。

 

 

でも男性にとっては夜の生活に誘うことが大きなプレッシャーになる場合も。

 

 

そのプレッシャーをかけ続けると女性に対して勃起をしなくなる、いわゆる勃起不全
という病気になってしまうこともあるそうです。

 

 

女性と同様に男性の場合も夜の生活に関しては心理状況が大きく影響します。
そのために上手にコントロールすることもとても重要になります。

 

 

うちの夫のことを考えてみると確かに性欲に関してはそれほど多くないと思います。
でも全くない、というわけではなさそうなので何とか頑張ってみます。

 

■それとも私が性欲が強すぎるのでしょうか?

 

・ 男性と女性では性欲を感じるところが違う
・ 旦那さんに女性を感じさせる行動をしているか?

 

 

うちの場合は夫がかなり淡白な方だとずっと思っていました。
でも色々と調べてみると淡白な男性もかなり多くいるのがわかりました。

 

 

では渡しの場合は普通よりも性欲が強い、ということなのでしょうか?

 

 

恋人同士の頃や新婚の頃は夫も私の事を求めてくれることもありました。
最近ではほとんどありませんが・・・

 

 

それに不満を持っているのはやはり私の性欲が強いのでしょうか?
これについても色々と調べてみました。

 

 

男性が性的に興奮するためには精神的な余裕が必要、という研究結果がありました。
つまりリラックスしている状態出ない場合には性欲が出ないそうです。

 

 

体の方は接触があることで脊髄反応、つまり考えること無く反応します。
でもその後はやはり性的興奮状態にないと続かないそうです。

 

 

つまり夫が家にいるときにもリラックスをしていないなら性欲は出ない。

 

 

その夫と比較してしまうと私のほうが性欲がとても強く感じるということのようです。
では夫をリラックスさせて性的興奮状態にさせることが出来るのでしょうか・・・

 

 

それと夫婦になった後にセックスレスになる場合は妻を女とは見ずに家族としてしか
見ることができなくなるという意見もあります。

 

 

私も自宅で女性らしくしているか、と言われると自身がありません・・・

 

 

この辺りの考え方の違いを確認してみます。

 

 

■家庭で夫をリラックスさせるためには?

 

・ 疲れているのに無理に夜の生活に誘わない
・ まずは疲れを取り除くことから

 

 

では夫を自宅でリラックスさせるにはどうすればいいのでしょうか。
簡単に言うと疲れをとって安らげる空間を作ることが必要になります。

 

 

子作りを迫った方もそうですが、夜の生活を義務に感じてしまうと男性の場合は
精神的にもリラックスが出来る状態になりません。

 

 

その為に性欲を感じることがなく、どんどんセックスレスになってしまうのだとか。

 

 

やはりプレッシャーをかけることは何もいいことがありませんね。
旦那さんが疲れているならまずはその疲れを取り除いてあげることが必要です。

 

 

妻ができることといえばやはり食事を作ることです。
食事にスタミナが付く食材や疲れを取る食材を利用するのもおすすめです。

 

 

ただし疲れている時には胃腸も弱っていることが多いので、あまりしつこい食材や
胃にもたれそうな物を使うのはよしましょう。

 

 

それとスキンシップにもなるマッサージと言う方法もあります。

 

 

夜の夫婦生活をするためにもまずはお互いにスキンシップをすることが重要。
ハグやキスなど最近していますか?・・・うちはしていません(笑)

 

 

軽く触れ合うことからでもいいのでスキンシップを取ることからはじめましょう。

 

 

■アロマなどは人によっては効果が期待できないので使い方に注意

 

・ 女性のようにアロマの効果がある男性は限られる
・ 自分が使うボディソープやシャンプーを変えてみる

 

 

女性の場合はリラックスするためにアロマなどの香りを使うこともあります。
でも男性の場合は効果が期待できないことも多いそうです。

 

 

確かにアロマ自体の効果はあるかもしれませんが、匂いがきついと男性の場合は
それが気になってリラックス出来ないという意見もあります。

 

 

コロンをつけすぎても嫌な顔をされることがありますよね?
男性の場合は匂いに対してそれほど楽しいというイメージを持っていない人が多いのです。

 

 

ただし男性が好きな香りというのもあります。
それが女性の髪の毛などから香る石鹸のような自然な香りだそうです。

 

 

香水を付けなくてもシャンプーやボディソープの香りで十分に効果が期待できます。
一緒のベッドで寝ているならまずはシャンプーなどを夫の好きな香りに変えてみましょう。

 

 

または香水やアロマを使う場合はほのかに香る程度で十分だと思います。
匂いは人間の神経に働きかけるためにはとても重要な要素と言われています。

 

 

効果的に使えば夜の生活も大きく変わる可能性もあるのです。

 

 

■妻を女としてみていない夫が多い

 

・ 家族に対して性欲を感じることはない
・ 子供が出来ると妻ではなく母親になってしまう

 

 

子供がいる家庭で多いのが妻はすでに女ではなく母親になっているということです。
つまり夫からは妻はすでに家族としてしか見ることができなくなっているのです。

 

 

親や兄弟に対して興奮することはないですよね?
この状態に旦那さんがなってしまっている可能性もあります。

 

 

特に出産に立ち会った旦那さんはこの状態になることも多いそうです。
完全に母親になる瞬間を見ているのですからそれも分かるような気がします・・・

 

 

それに自宅にいる時に女を感じさせるような格好をしていないことも原因の一つです。

 

 

いつでも化粧をしてきれいな服を着て・・・という状況では家事はできませんよね?
でもたまに女性らしさを見せることも必要なのです。

 

 

夜の生活をするためにはまず母親から妻に戻ることが必要になりそうです。

 

 

■その気にさせる食べ物は?

 

・ まずは食事を変えることで体力と精力の回復を
・ 精力回復のための食材とは?

 

 

妻が夫に対して一番やりやすい疲れを取る方法は、何と言っても食事です。
食材を効果的に使えば体力と精力の回復を同時に行うことも・・・

 

 

例えばにんにくは昔から精力増強が出来る食材としてとても人気があります。
実際に効果も高いので精力をつけるためには是非使いたいところです。

 

 

でも毎回の食事ににんにくが出てくるのはいくら鈍いうちの夫でも気が付きます。
それはある意味プレッシャーとなってしまいそうです。

 

 

そこで色々な食材を調べて精力が増大するような物を探してみました。
それを組みわせて料理に使うことでバレずに体調管理が出来るかも。

 

 

しかも精力が付けばその気になって夜の生活も始めることが出来るかもしれません!

 

 

まずはどんな食材に精力回復の効果があるのかを調べてみました。

 

 

■精力増大が出来る食材とは?

 

・ 一番効果が期待できるのはやはりにんにく
・ 含まれている成分がとても重要

 

 

精力増大効果を調べてみるとやはりにんにくはかなり高い効果が期待できると言うことが
分かりました。

 

 

にんにくに含まれている亜鉛は精子の活動を活発にしてくれるので子作りのためにも
とても重要な栄養素です。

 

 

更に女性にも嬉しいアリシンという成分も含まれています。
これは女性ホルモンの分泌を助けてくれる栄養素です。

 

 

これらが多く含まれているにんにくはやはり精力を付けるためには効果的です。

 

 

この他にも亜鉛を含んでいる食材は精力をつけるために効果的です。
牡蠣やうなぎにも豊富に亜鉛が含まれています。

 

 

根菜にも多くの精力増強の栄養素が含まれています。
中でも山芋には滋養強壮と疲労回復効果があります。

 

 

山芋のネバネバした繊維はムチンと呼ばれる成分です。
これもタンパク質を効率良く働かせるために重要な栄養素で精力増強に効果的です。

 

 

同じようにネバネバしたオクラや納豆にもこのムチンは含まれています。
これらも精力をつけるためにはおすすめの食材です。

 

 

それとにんにくのニオイ成分でもあるアリシンを含んでいるのがニラです。
ニラはビタミンB1の吸収を助けて効率よく体に取り入れることが出来るようになります。

 

 

体力を回復させるためにも効果的なのでこちらもオススメできます。

 

 

この他にはゴマやアボカドなどにも精力をつけるための成分が豊富に含まれていて
効果的と言われています。

 

 

これらの食材を上手に使えば知らない間に旦那さんに精力をつけることができますね。

 

 

■体力回復のための食材は?

 

・ 精力と同時に体力の回復も重要
・ 疲れを取ることも夜の生活をするためには必要

 

 

精力をつけるのと同時に体力の回復ができる食材も調べてみました。
体力を回復することで疲れをきちんと取り除くことが出来るようになります。

 

 

疲れが残っている状態では精力が付いても性欲が湧いてこないので結局は一人で
処理してしまうということになりそうですよね?

 

 

そこできちんと体力の回復が出来る食材も一緒に探してみました。

 

 

疲労回復効果が高い食材といえば豚肉があります。
ビタミンB1が豊富で炭水化物をきちんとエネルギーに変える事が出来るようになります。

 

 

この豚肉と一緒に取ることで更に効果が期待できるのがクエン酸です。
酸っぱい果物などに含まれている成分でこれを一緒に取ると効率が高くなります。

 

 

レモンやキーウィ、トマトや梅などに含まれているのでこれらを豚肉に組み合わせると
疲労回復効果はかなり期待が出来るようになります。

 

 

またトマトに含まれているリコピンは活性酸素を取り除く効果が期待できます。
活性酸素をなくすことは疲労回復にも効果的なのです。

 

 

体の疲れ以外にも頭を使う仕事の場合はこちらの疲れを取ることも重要です。
脳の栄養素はブドウ糖、これは甘いものに含まれている成分ですね。

 

 

チョコレートなどに豊富に含まれているので食後のデザートとしてひとつまみのチョコを
食べさせてあげると効果があります。

 

 

それに精神的な疲れには酸化アリルという成分が効果的と言われています。
これはネギ類に含まれている成分です。

 

 

長ネギは当然で玉ねぎやニラにも含まれている成分です。
精神を落ち着かせてリラックスさせる効果に期待が出来る成分となっています。

 

 

これらを組み合わせることでバリエーションに富んだ食事を作ることができそうです。

 

 

■食事を楽しんでリラックスしてもらう

 

・ 男性の性欲を高めるためにはリラックスも必要
・ 精力を高めつつリラックスさせることも重要

 

 

食事で精力を高くすることはこのような食材を使うとできそうです。
でもそれだけでは性欲を開放させることは難しいというのが一般的な意見です。

 

 

やはり夜の生活をするためにはリラックスさせて性欲をきちんと発揮させることが
とても重要になりそうです。

 

 

単純に精力をつけるだけではそれが子作りに向けられるとは限りません。

 

 

リラックスしてもらう、疲れを取り除くなど他にも色々と組み合わせることが必要ですね。

 

■精力剤やマカの効果は?

 

・ 人によっては効果が期待できる
・ 薬なのでひとによって効果は違う

 

 

精力増強といえば思い当たるものがあります。
それが広告などでも見ることが出来る精力剤です。

 

 

これを使えば淡白なうちの夫のような人でも夜の生活に積極的になることが
出来る様になるのでしょうか?

 

 

実際に使っている方の意見を聞いてみるとやはり男性によっては効果を実感できる
という方も多いようです。

 

 

興奮剤のような効果もあるようで、かなり積極的に旦那さんが誘ってきたという
奥さんからの口コミなども見ることが出来ました。

 

 

その一方で薬なので人によっては合わない可能性もあるそうです。

 

 

体調の変化や気分が悪くなるなどマイナスの効果を実感した方もいました。
すべての男性に同じように効果がある、というわけではなさそうです・・・

 

 

それに奥さんから「精力剤飲んで」と言われてしまうと旦那さんとしては
かなり引いてしまう、という意見もありました。

 

 

「これを飲んで頑張って」というプレッシャーに感じるのだそうです。

 

 

男性が積極的に自分から飲む場合は問題はないのでしょうが、女性から薦められると
あまりいい気分にはならないようですね。

 

 

その一方でかなり気になる口コミを見ることが出来ました。

 

 

■旦那の味噌汁にこっそり入れてみた人の口コミ

 

・ カプセルタイプの中身だけを使う人が多い
・ 効果はまちまち、それほど劇的に効くという話は聞かない

 

 

精力剤をコッソリ旦那さんの味噌汁の中に入れて飲ませた、という口コミです!

 

 

精力剤を使ってもらうために話し合いなどをしないでこっそりと料理に混ぜてみた
という口コミがありました。

 

 

しかもかなり多数の方がこの方法に興味を持っているようです。
知恵袋などにもどんな料理に混ぜたらいいのか質問している方がいました・・・

 

 

一応効果を調べてみると確かに旦那さんが求めてきた、という口コミもありました。
料理に混ぜても効果があるものも中にはあるのですね。

 

 

方法としてはカプセルタイプの精力剤を割って、中身だけを料理に混ぜるという
方法を使っている方が多くいました。

 

 

それと精力剤はかなり独特な風味があるので通常の料理に混ぜると味が変わります。
濃い味噌汁など味の濃いものに混ぜるという方が多いのも特徴的です。

 

 

確かに効果がありそうですが、あまりオススメできる方法でもありません。
しかも必ず効果が現れる、というわけでもないようです。

 

 

精力剤はサプリメントとして扱われているものも多いのですが、その分効果は
EDの薬に比べれば元からあまり高くありません。

 

 

しかも熱に弱いなどの特徴もあるので調理中に混ぜればほとんど効果がありません。
更に料理に何かを混ぜる人をあまり信用することは・・・

 

 

旦那さんにバレるとかなり怒られそうなのであまりオススメできる方法ではないですね。

 

 

■精力剤を使うなら夫婦合意のもとで

 

・ 夫婦で飲むことが出来る精力剤を利用する
・ 効果が出るのが遅いのが多いので気長に考える

 

 

精力剤の中にはすぐに効果が現れる、というものもありますがほとんどは飲み続けると
効果が実感できるという商品です。

 

 

それに効果がすぐに現れるような商品はどうしても料金が高くなります。
夜の生活のたびに購入するとかなり家計を圧迫してしまいそうです。

 

 

それなら金額も安く副作用などもほとんど無いサプリメントタイプの栄養剤がお勧めです。
亜鉛などを飲み続けることでも十分精力剤の代わりになります。

 

 

しかも亜鉛は女性が飲んでも女性ホルモンの働きを整える効果があるのでおすすめです。
夫婦で飲み続けることで色々な効果が期待できるようになります。

 

 

「精力剤を飲んで頑張って」ではなく「健康のために飲み続けましょう」という
スタンスで一緒に初めてはいかがでしょうか。

 

 

サプリメントなので効果が出るまでに時間がかかりますが、変なプレッシャーを
与えることも少ないと思います。

 

 

■お互いに気分を高めることも重要

 

・ 精力だけでは夜の生活をするのは無理
・ ついた精力を自分で発散してもらう

 

 

精力をつけるのは料理やサプリメントでも十分にできるのがわかりました。
でも旦那さんについた精力は自分に向ける必要があります。

 

 

つまり精力がついてもそれを一人で処理してしまっては意味がありません。
夜の生活をするためにはその雰囲気作りも必要になるのです!

 

 

性欲が少ないと言われる草食系の人でも精力が付けば自然と性欲も出てきます。
その時にいい雰囲気になっていれば自然に夜の生活に突入することも・・・

 

 

精力がついた後には雰囲気作りをきちんとしましょう。

 

 

これで旦那さんも誘いやすく、または自分から誘うことも出来るようになります。
その為には色々なアイテムを使うことも考えましょう。

 

 

雰囲気作りにはどんなものが効果的なのか、それも調べてみます。

 

■雰囲気も大事!どんな下着やラブコスメが効果的?

 

・ 下着は見せ方に注意
・ ラブコスメは使い方で効果がなくなる

 

 

雰囲気を作るためにはどんなアイテムを使えばいいのでしょうか?
一番わかり易いのはやはり下着ですね。

 

 

多くの男性は女性の下着を見ると興奮しますよね?
それは奥さんの下着でも十分に効果があると思います。

 

 

でも下着の種類によってはその効果も低くなるかも・・・
そこでどんな下着をつけていればいいのでしょうか?

 

 

それに最近では夫婦でもラブコスメを利用している方が増えていると聞いています。
ラブコスメも夜の生活の雰囲気作りには効果的なのでしょうか?

 

 

それぞれどんな使い方をすればいいのか調べてみました。

 

 

下着はやはり効果が高いようですがその見せ方には注意が必要です。
同じようにラブコスメも使い方を間違えれば全く効果がありません。

 

 

まずは下着の見せ方についての注意点を確認してみましょう。

 

 

■下着はちらりと見せるのが効果的

 

・ 旦那さんの好みの下着を把握しておく
・ いきなり見せるのは逆効果

 

 

下着は夜の生活を充実させるためにもかなり効果的なアイテムの一つです。
でもその使い方によっては全く逆の効果になってしまうこともあります。

 

 

まず下着は旦那さんに見せる方法に注意が必要です。
当然旦那さんの好みの下着をつけていることが大前提ですが・・・

 

 

ただいつも同じような下着、というのもマンネリ化してしまいます。
そこでたまにはかなり情熱的な下着をつけるのもありだと思います。

 

 

でもその下着をいきなり見せても旦那さんは興奮しません!

 

 

真っ赤な下着だけをつけた姿で旦那さんを出迎えてもすぐにベッドルームへ・・・
ということにはなりませんよね?

 

 

セクシーな下着をつけた時には少しだけ見せて「今日は新しい下着にした」などと
挑発するように見せると男性は興奮するそうです。

 

 

セクシーな下着をつけている時には焦らすように見せる、これが興奮させるために
必要なテクニックです。

 

 

ただし旦那さんが引くようなあまりにも過激な下着を選ぶ事はやめましょう(笑)
パートナーがどんな下着を好んでいるのかはきちんと把握しておきたいですね。

 

 

■ラブコスメも使い方には注意が必要

 

・ 急にいつもと違うことをするのは逆効果
・ 匂いはあまりきつくないものを選ぶ

 

 

いつでも一緒にお風呂に入っている、という夫婦ならローションなど風呂場で
使えるラブコスメを試してみるのもおすすめです。

 

 

でもいきなり「一緒にお風呂に入ろう」と誘ってローションを使うのは無理です。
逆に旦那さんが引いてしまう可能性のほうが高いです。

 

 

ラブコスメを使う場合はいつもの行動の延長線上、もしくは少しだけ雰囲気を変える
という形で使うことがお勧めです。

 

 

一緒のベッドで寝ているならアロマやまくらに使う香水などもお勧めです。

 

 

香りは男性にとってもリラックスできるなどの効果が期待できます。
リラックスしている状態なら性欲を発揮してもらうことが出来るかも・・・

 

 

それに女性の風呂あがりの匂いに男性は興奮する、というデータも有ります。
アロマなどを使わずにシャンプーを変えてみるのもひとつの方法です。

 

 

ただし香りに関しては男性はかなり敏感なところがあります。
特に香水の匂いが強い場合は男性は気分が悪くなることも多いそうです。

 

 

女性にとってはリラックスできるアロマも男性にとっては変な匂いと感じる場合も。
匂いを使うときには若干少なめにするくらいがちょうどいいかもしれません。

 

 

■恋人同士に戻るアイテムも効果的

 

・ 写真や思い出の品を使ってみる
・ スキンシップを多くする

 

 

夜の生活をするための雰囲気作りには購入するアイテムを使うだけではありません。
自宅にあるアイテムでも銃分利用できるものがあります。

 

 

それが思い出の品を使うことです、気分を恋人同士に戻すことで雰囲気を高める事が
出来るようになります。

 

 

昔デートをした時の写真なども効果的ですね。
それらの思い出を話しあうことで恋人同士の気分を取り戻すことができることもあります。

 

 

またこの時に軽くスキンシップをしておくことも効果的のようです。
膝の上に手をのせる、手を軽く合わせるなど簡単なスキンシップでもかまいません。

 

 

触れ合っていることで安心して、リラックスすることが出来るようになります。
リラックスできればそこから性欲が出てくる可能性も高くなりますよね?

 

 

新しくアイテムを購入しなくても思い出の品々は十分に気分を高めてくれます。
上手に利用すればコストをかけずにラブラブな状態になることも。

 

 

うちの場合は子供がいるのでタイミングを図るのが大変ですが、まずはスキンシップや
思い出の写真などで雰囲気を作るところから始めてみたいと思います。